【婚活知恵袋】相性のよさは宝

お見合いのあと、交際が始まり、定期的にデートを重ねながら、いつまで経っても目覚しい発展がないまま交際期限を迎えようとするカップルがいます。男女どちらに聞いても、「デートはいつも楽しんでいる。でも、結婚となると決め手がない」というような答えが返ってきます。相手に対して何か不満があるわけではない、かといってすごく惹かれるということもない、こんな感じで結婚していいのかどうか。

実はこうしたカップルは珍しくありません。そこでカゼミチは、二つの「成功」を定義しています。ひとつは、「結婚を決めました」という成功。もうひとつは、「結婚するかどうかは措いておいて、このまま交際を継続していきます」という成功です。上記のカップルの場合は、活動の区切りとして後者がふさわしいかたちでしょうが、これもすんなり受け入れられることはあまりありません。

「それだけ頻繁に会っていて、とくに嫌なところがないなら、それは相性がいい証拠です。たくさんのお見合いや交際を見守ってきた経験上、相性がいいというのはそれ自体、非常に得がたいことなので、ぜひ大切にしてください」。カウンセラーはそのように伝えます。結婚するかどうか、交際継続するかどうか、それぞれのカップルの最終的な決断は尊重しますが、自分たちが貴重なものを手にしつつあるという自覚は持ってほしいと思います。