【婚活知恵袋】コロナ禍のデートスタイル

コロナ禍にあって、どうデートしたらよいのか、交際中のカップルのみなさん、本当に悩んでいるようです。

緊急事態宣言が出た頃は、まだ涼しかったので、お散歩デートや公園デートなどを提案し、実行しているカップルも多かったのですが、この連日の炎天下、野外デートも厳しいということで、デートの頻度が下がりがちになっているカップルもちらほら。

でも、デートの頻度が下がってしまっては、元も子もありません。限られた期間の中で、お互いを知ることが最大の目的ですから、なんとか会うことだけは、やめないでいただきたいです。

そこで、こんな時期にふさわしいデートスタイルの提案です。

1)ドライブ

人混みを避けるという意味では完璧ですね。海や山などの景色を楽しみながら、会話を楽しんでくださいね。

 

2)標高の高いエリアの林間コースやお花畑など

標高の高いエリアは必然的に都市部から離れているので、人混みは避けられるし、気温も都市部と比べるとかなり涼しいです。林間コースなどは木陰になっていて、より涼しく過ごしやすいと思います。

 

3)美術館・博物館

多少、人と接することにはなりますが、場所柄大声で話す人がおらず、飛沫がほとんどない場所ですので、安心してデートできると思います。館内ですから、暑さ回避にもなりますね。

 

4)テラス席のあるカフェやレストラン

たとえテラス席であっても、都市部では、まだまだ暑さが厳しいかもしれません。こちらも標高の高いエリアなら、気持ちよく過ごせますよ。

 

デートスタイルが限られて窮屈な状況ではありますが、お互いがパートナーとしてふさわしいかどうかを見極めるのが目的ですから、どんな場所でも会いさえすれば、目的は果たせます。コロナに負けず、暑さに負けず、コミュニケーションをしっかり取ってくださいね!