(岡山県)『漁火(りょうか)』ランチ

今回は、岡山県の西の端に位置する笠岡諸島の一つ『真鍋島』に行ってきました。

笠岡港から高速船で45分の船旅です。

瀬戸内海の美しい島々に目を奪われている間・・・もう到着しました!

人口が300人にも満たない小さな島です。

今回の一番の目的は『漁火』でのランチ♪

『漁火』は、船着場の直ぐ目の前にありました。

店内には、船の形をしたカウンターがあり、その奥では、80歳代のご主人が腕を振るってくれます。

全国的に有名なお店で、私達の他に、大阪から来られた方が2組いました。

芸能人も多く来店されていて、壁には沢山の写真が貼ってありましたよ。

メニューは無く、おまかせのみですが、¥5000と¥4000の2コースの内、¥5000のコースを選びました。

白エビと車エビの踊り食い

踊り食いは初めてだったので、ちょっと勇気が必要で、食べ始めに時間がかかりましたが、とても甘くて美味しかったです。

鯛のお造り

身がプリプリでした。

活き蛸の刺身

写真では分かりにくいですが、動いてます(^^)

ワタリ蟹

一人に1パイです。

サツマイモの天婦羅

魚介類がメインなので、合間に出てくるこの天婦羅はホッとするような美味しさでした♪

 

黒鯛の塩焼き

大きさにビックリ!3人で半分も食べられませんでした。

牡蠣

一人2つずつです(^^)

お味噌汁

魚やカニ、真子など、具沢山で本当に美味しかったです。

ご飯とお漬物も付いています。

新鮮な魚介類はどれを食べても美味しいのですが、とにかく量が多いので、食べきれなかった分は、折に詰めて頂きました。

ご夫婦で営まれているようですが、「接客」という感じではなく、実家に帰ったように落ち着けるお店でしたよ。

 

お腹が満たされた後は、島巡り!!

映画『瀬戸内少年野球団』のロケ地にもなった真鍋中学校に行ってみました。

昭和22年に開校した中学校で、昭和24年に新築された校舎に、現在も5名の生徒が通っているそうです。

真鍋島には細い路地が沢山あり、昔ながらの家並みを通り抜けると、キレイなお花畑がありました。

海は透明度が高くキレイでしたよ(^^)

余計な音は一切無く、聞こえてくるのは鳥のさえずりや波の音だけ・・・真鍋島は時間を忘れさせてくれました。

 

お洒落なお店でデートもいいですが、静かな島デートも素敵!そして、気さくな店主との会話を楽しみながらの食事で、アットホームな雰囲気のデートもふたりの距離を縮めてくれるかも知れませんよ。

少し気心が知れた頃のデートにオススメです。

 

カゼミチ岡山店から笠岡港までは、車で(高速道路利用)50分程です。

 

『漁火』

岡山県笠岡市真鍋島本浦4236-1

TEL 0865-68-3519

営業時間 11:00?18:00(完全予約制)

定休日 日曜・祝日